「木目」のタグ一覧(65件)

  • L415-1

    L415 リビングルーム – ソファ後ろもおしゃれに活用

    ソファの高さにあわせて作りつけた棚。 本の収納として、小物をディスプレイスペースとして、また高さが低いのでちょっとしたテーブルとしても使えて便利です。
  • L415-2

    L415 リビングルーム – ソファ後ろもおしゃれに活用

    ソファの高さにあわせて作りつけた棚。 本の収納として、小物をディスプレイスペースとして、また高さが低いのでちょっとしたテーブルとしても使えて便利です。
  • L415-3

    L415 リビングルーム – ソファ後ろもおしゃれに活用

    ソファの高さにあわせて作りつけた棚。 本の収納として、小物をディスプレイスペースとして、また高さが低いのでちょっとしたテーブルとしても使えて便利です。
  • F414-1

    F414 書斎- 用途に応じて使える書斎

    リビング背面に、奥行浅めデスクの書斎。 奥行が浅めの棚なので、飾り棚として、子どもたちが並んで勉強するスペースとして、書斎としても、用途に応じて活用しやすいスペースです。
  • F414-2

    F414 書斎- 用途に応じて使える書斎

    リビング背面に、奥行浅めデスクの書斎。 奥行が浅めの棚なので、飾り棚として、子どもたちが並んで勉強するスペースとして、書斎としても、用途に応じて活用しやすいスペースです。
  • F414-3

    F414 書斎- 用途に応じて使える書斎

    リビング背面に、奥行浅めデスクの書斎。 奥行が浅めの棚なので、飾り棚として、子どもたちが並んで勉強するスペースとして、書斎としても、用途に応じて活用しやすいスペースです。
  • L414-1

    L414 リビングルーム – 広がりを感じるリビング

    凹凸のあるタイル壁に照らされた間接照明が、おしゃれな雰囲気に。 横貼りタイルとブラインド、低めソファが横ラインを強調し、空間に広がりを出しています。
  • L414-2

    L414 リビングルーム – 広がりを感じるリビング

    凹凸のあるタイル壁に照らされた間接照明が、おしゃれな雰囲気に。 横貼りタイルとブラインド、低めソファが横ラインを強調し、空間に広がりを出しています。
  • L414-3

    L414 リビングルーム – 広がりを感じるリビング

    凹凸のあるタイル壁に照らされた間接照明が、おしゃれな雰囲気に。 横貼りタイルとブラインド、低めソファが横ラインを強調し、空間に広がりを出しています。
  • F413-1

    F413 書斎- レンガ調の書斎

    壁の一面をレンガ調にすることで、おしゃれな書斎の出来上がり! 木目の机とレンガ調の壁は相性もよく、温かみと落ち着きのある空間で、趣味に仕事に没頭できます。
  • F413-2

    F413 書斎- レンガ調の書斎

    壁の一面をレンガ調にすることで、おしゃれな書斎の出来上がり! 木目の机とレンガ調の壁は相性もよく、温かみと落ち着きのある空間で、趣味に仕事に没頭できます。
  • F413-3

    F413 書斎- レンガ調の書斎

    壁の一面をレンガ調にすることで、おしゃれな書斎の出来上がり! 木目の机とレンガ調の壁は相性もよく、温かみと落ち着きのある空間で、趣味に仕事に没頭できます。
  • D413-1

    D413 ダイニングルーム- 化粧梁×間接照明

    天井の梁、テーブル、飾り棚の木目から、統一感とあたたかみを感じるダイニング。天井の間接照明の光が木素材と合わさり、おしゃれな雰囲気となります。
  • D413-2

    D413 ダイニングルーム- 化粧梁×間接照明

    天井の梁、テーブル、飾り棚の木目から、統一感とあたたかみを感じるダイニング。天井の間接照明の光が木素材と合わさり、おしゃれな雰囲気となります。
  • D413-3

    D413 ダイニングルーム- 化粧梁×間接照明

    天井の梁、テーブル、飾り棚の木目から、統一感とあたたかみを感じるダイニング。天井の間接照明の光が木素材と合わさり、おしゃれな雰囲気となります。
  • L413-1

    L413 リビングルーム – こどもリビング

    リビング一角の子ども用ワークスペース。親は子どもたちの様子を見守りつつ寛ぎ、子にとっても親の傍で安心して勉強できるよう配慮された空間です。
  • L413-2

    L413 リビングルーム – こどもリビング

    リビング一角の子ども用ワークスペース。親は子どもたちの様子を見守りつつ寛ぎ、子にとっても親の傍で安心して勉強できるよう配慮された空間です。
  • L413-3

    L413 リビングルーム – こどもリビング

    リビング一角の子ども用ワークスペース。親は子どもたちの様子を見守りつつ寛ぎ、子にとっても親の傍で安心して勉強できるよう配慮された空間です。
  • F412-1

    F412 書斎- シンプル書斎

    落ち着いた色味の家具の中で、ゆっくりワインを楽しみながら、本を読む・・・。余計なものを置かない、シンプルな書斎は、自分の趣味に没頭できる最適な空間です。
  • F412-2

    F412 書斎- シンプル書斎

    落ち着いた色味の家具の中で、ゆっくりワインを楽しみながら、本を読む・・・。余計なものを置かない、シンプルな書斎は、自分の趣味に没頭できる最適な空間です。
  • F412-3

    F412 書斎- シンプル書斎

    落ち着いた色味の家具の中で、ゆっくりワインを楽しみながら、本を読む・・・。余計なものを置かない、シンプルな書斎は、自分の趣味に没頭できる最適な空間です。
  • K412-1

    K412 キッズルーム(子ども部屋)- 上品&大人ぽい女の子部屋

    淡いピンク&紫の組み合わせが、上品で少し大人っぽい印象のこども部屋。 明るめの木の家具を組み合わせて、あたたかい雰囲気もプラス。
  • K412-2

    K412 キッズルーム(子ども部屋)- 上品&大人ぽい女の子部屋

    淡いピンク&紫の組み合わせが、上品で少し大人っぽい印象のこども部屋。 明るめの木の家具を組み合わせて、あたたかい雰囲気もプラス。
  • K412-3

    K412 キッズルーム(子ども部屋)- 上品&大人ぽい女の子部屋

    淡いピンク&紫の組み合わせが、上品で少し大人っぽい印象のこども部屋。 明るめの木の家具を組み合わせて、あたたかい雰囲気もプラス。
  • L412-1

    L412 リビングルーム – ブラウン&ブラック

    茶色と黒で統一されたリビングは、落着きと高級感のある空間となります。 壁やカーペットに明るめの色を入れることで、暗くなりすぎない印象になります。
  • L412-2

    L412 リビングルーム – ブラウン&ブラック

    茶色と黒で統一されたリビングは、落着きと高級感のある空間となります。 壁やカーペットに明るめの色を入れることで、暗くなりすぎない印象になります。
  • L412-3

    L412 リビングルーム – ブラウン&ブラック

    茶色と黒で統一されたリビングは、落着きと高級感のある空間となります。 壁やカーペットに明るめの色を入れることで、暗くなりすぎない印象になります。
  • F411-1

    F411 書斎- 閉塞感を払拭

    隙間を有効利用した書斎。 壁の一部に間仕切格子を使うことで、閉塞感を払拭し、つながりを感じさせます。
  • F411-2

    F411 書斎- 閉塞感を払拭

    隙間を有効利用した書斎。 壁の一部に間仕切格子を使うことで、閉塞感を払拭し、つながりを感じさせます。
  • F411-3

    F411 書斎- 閉塞感を払拭

    隙間を有効利用した書斎。 壁の一部に間仕切格子を使うことで、閉塞感を払拭し、つながりを感じさせます。
  • L411-1

    L411 リビングルーム – 大人のブルックリンスタイル

    住まい手のこだわりが感じられるビンテージな空間のリビング。 観葉植物を合わせて、カフェのような、大人のブルックリンスタイルを演出します。
  • L411-2

    L411 リビングルーム – 大人のブルックリンスタイル

    住まい手のこだわりが感じられるビンテージな空間のリビング。 観葉植物を合わせて、カフェのような、大人のブルックリンスタイルを演出します。
  • L411-3

    L411 リビングルーム – 大人のブルックリンスタイル

    住まい手のこだわりが感じられるビンテージな空間のリビング。 観葉植物を合わせて、カフェのような、大人のブルックリンスタイルを演出します。
  • B411-1

    B411 ベッドルーム – ナチュラルテイスト

    ヘッドボードとナイトテーブル、ウッドブラインドなど木目であわせ、ファブリックも自然な風合いのものを用いて、全体の統一感と落着きが感じられる寝室です。
  • B411-2

    B411 ベッドルーム – ナチュラルテイスト

    ヘッドボードとナイトテーブル、ウッドブラインドなど木目であわせ、ファブリックも自然な風合いのものを用いて、全体の統一感と落着きが感じられる寝室です。
  • L410-1

    L410 リビングルーム – ワイド感とダイナミック感

    壁面一面をTVボードとし、ワイド感を存分に活かしてダイナミックな印象を与えるリビング。 木目とタイルを合わせる事でより印象的に仕上げます。 クローゼットも形を変えミラー張りでTVボードとの一体感を演出します。
  • L410-2

    L410 リビングルーム – ワイド感とダイナミック感

    壁面一面をTVボードとし、ワイド感を存分に活かしてダイナミックな印象を与えるリビング。 木目とタイルを合わせる事でより印象的に仕上げます。 クローゼットも形を変えミラー張りでTVボードとの一体感を演出します。
  • L410-3

    L410 リビングルーム – ワイド感とダイナミック感

    壁面一面をTVボードとし、ワイド感を存分に活かしてダイナミックな印象を与えるリビング。 木目とタイルを合わせる事でより印象的に仕上げます。 クローゼットも形を変えミラー張りでTVボードとの一体感を演出します。
  • B411-3

    B411 ベッドルーム – ナチュラルテイスト

    ヘッドボードとナイトテーブル、ウッドブラインドなど木目であわせ、ファブリックも自然な風合いのものを用いて、全体の統一感と落着きが感じられる寝室です。
  • K409-1

    K409 キッズルーム(子ども部屋)- 淡い木目クロス

    床と合わせて木目のクロス・テーブルを使い、統一感とアンティーク感を演出します。 壁の一部を黒板にして自由に描ける楽しい雰囲気を出しつつ、淡い色の木目クロスを使うことで、圧迫感を感じさせない雰囲気となります。
  • K409-2

    K409 キッズルーム(子ども部屋)- 淡い木目クロス

    床と合わせて木目のクロス・テーブルを使い、統一感とアンティーク感を演出します。 壁の一部を黒板にして自由に描ける楽しい雰囲気を出しつつ、淡い色の木目クロスを使うことで、圧迫感を感じさせない雰囲気となります。
  • K409-3

    K409 キッズルーム(子ども部屋)- 淡い木目クロス

    床と合わせて木目のクロス・テーブルを使い、統一感とアンティーク感を演出します。 壁の一部を黒板にして自由に描ける楽しい雰囲気を出しつつ、淡い色の木目クロスを使うことで、圧迫感を感じさせない雰囲気となります。
  • F408-1

    F408 書斎- セミオープンな書斎

    壁面や床には木目やさりげない枝柄のクロスを使うことで、自然の中にいるような雰囲気となります。 絵画やフラワーアレンジなど、落ち着いて趣味に没頭できる空間です。
  • F408-2

    F408 書斎- セミオープンな書斎

    壁面や床には木目やさりげない枝柄のクロスを使うことで、自然の中にいるような雰囲気となります。 絵画やフラワーアレンジなど、落ち着いて趣味に没頭できる空間です。
  • D408-1

    D408 ダイニングルーム- 木目とシャンデリアの調和

    明るい色味の木目素材が、空間をあたたかい雰囲気で囲んでいます。 大ぶりのシャンデリアの光が、食卓を明るく暖かく、華やかに照らします。
  • D408-2

    D408 ダイニングルーム- 木目とシャンデリアの調和

    明るい色味の木目素材が、空間をあたたかい雰囲気で囲んでいます。 大ぶりのシャンデリアの光が、食卓を明るく暖かく、華やかに照らします。
  • D409-1

    D409 ダイニングルーム- アメリカンビンテージ風

    アメリカンビンテージ風のダイニング。 素材をレンガ、エイジングウッド、レザー、アイアンなどでインパクトを与えながらもグリーンで彩り爽やかさをプラス。
  • D409-2

    D409 ダイニングルーム- アメリカンビンテージ風

    アメリカンビンテージ風のダイニング。 素材をレンガ、エイジングウッド、レザー、アイアンなどでインパクトを与えながらもグリーンで彩り爽やかさをプラス。
  • B403-1

    B403 ベッドルーム – 表情豊かな壁面デザイン

    ウッドパネルに立ち上がりをもたせ、縦目、横目の組合せと、木になじむモザイクタイルを一部加えることで、表情豊かな壁面デザインとします。 また全体的に家具の高さを少し低めに設定することで、天井を高く感じられます。
  • B403-3

    B403 ベッドルーム – 表情豊かな壁面デザイン

    ウッドパネルに立ち上がりをもたせ、縦目、横目の組合せと、木になじむモザイクタイルを一部加えることで、表情豊かな壁面デザインとします。 また全体的に家具の高さを少し低めに設定することで、天井を高く感じられます。